お酒が飲めないとキャバ嬢になるのは難しいのか

お酒が飲めなくてもキャバクラで働けます

面接を受ける前にチェック

キャバクラの求人にはお酒が飲めなくても大丈夫、といった一言が記載されている場合があります。
確実なのは、そのような内容が書かれているお店へ面接を受けに行くことですが、中には何も書かれていなくても、面接時に相談することで、お酒を飲まなくても良いと許可がでるお店もあるようです。
もし、このお店で絶対働きたいという意思がないのであれば、求人に目を通す際、お酒について書かれているかどうかを重要視するとよいでしょう。
また、面接時には必ず飲めない事をお店に伝えましょう。
面接に受かりたいがために、その場しのぎでお酒が飲めるとウソをついたところで、就職後に苦労するのはご自身ですし、虚偽の発言は場合によっては犯罪になりますので気を付けましょう。

目標をハッキリさせる

キャバクラで働きたい理由を明確にしましょう。
お酒が苦手な人が飲むと体にそれだけ負担がかかりますし、飲める人より努力しなくてはなりません。
一時的に稼ぎたいがために無理をして飲酒をし、体を壊し、その結果病院通いになっては元も子もありませんし、最終的には赤字になることだってあります。
キャバクラで働きたい理由をリストアップし長い目でみて、一生やりたい仕事であればそれもよし、もし、一時的なものであるのであれば、他に収入は低くても定年まで続けられるようなお酒を必要としない仕事を考えてみるのも良いでしょう。
何をするにも体が資本です。
想像もつかないような面白い仕事はたくさんあります。
もしお酒の事が心配で、結果、体調不良になる事が明確なのであれば、色々な職種をまずは知るところから始めるのも良いのではないでしょうか。
その後、やっぱりキャバクラで働いてみたいと意思がハッキリするのであればそれも一つの決断です。


この
記事を
シェア

TOPへ