お酒が飲めないとキャバ嬢になるのは難しいのか

プラスαでかわす

お店に協力してもらう

お酒を飲めないということをお客さんに内緒にしたい人や、お店の方針で隠してほしい、と要望がある場合、飲んでいるフリをしなくてはいけません。
お店には、ノンアルコールの秘密のサインを作っているところもあるようです。
(先に述べたように、面接時、お酒が飲めるとウソをついて就職したのであれば、お店側の協力はまず得られませんので、とてもリスクが高いですしバレた時にクビになる可能性もあります。)
また、ヘルプにお酒が得意な人についてもらったりするなどのチームワークが必要になります。
特に、お客さんのあけたボトルを勧められた時などは、同僚にうまく飲んでもらったりするテクニックが必要ですし、少し酔った演技もできると尚よいでしょう。

カミングアウトしてしまう

お店から許可がある場合は、お客さんにお酒が飲めないことをカミングアウトするキャバ嬢もいるようです。
正直に話すことが一番気が楽になるといえるでしょうが、飲めないキャバ嬢より飲めるキャバ嬢を好むお客さんがいることもまた事実。
それなりのリスクはなくはないようです。
中には、今日薬を飲んでいるから飲めない、とウソの理由をいい、あくまでも「今日は」飲めないといったスタンスをとる人もいるようです。
その他には単に「苦手」と言うより「アレルギーがある」と伝える事でお酒を強く勧めてくるお客さんをかわしている人もいるようです。
そのお客さんとの関係やその方の性格などによっても言い訳を使い分けるのもよいでしょう。
しかし、毎回断る理由が違うと、固定客であった場合疑問に思われますので自分でメモをとっておくなど、気を付けなければいけません。


この
記事を
シェア

TOPへ